資産目録

資産目録

新しい鉄道線を計画し、現存の線路を維持するには、包括的な朝長と近代的な資産管理が必ず必要となってきます。実際に、効率的に資産管理の判断をするには、資産の信用性と確実性についてのデータに頼るほかありません。数十億ドルの費用が必要になる鉄道線開設について詳細なところまで確信をもって、情報を掴んでおくことで、メンテナンスが必要となる際のよりよい意思決定を行うことができるでしょう。MERMECでは、全ての品目の全体的な資産目録を作成するために特別に考案された、最先端のサービス(資産調査、データ処理、在庫設定)をご提供いたします。全てのサービスが、直ぐにご使用可能で、遠隔で操作ができる完全なバーチャルシステムとなっています。

Request Brochure
詳細情報をリクエストする

資産調査

長距離の鉄道路線の調査は、2つの検測メソッドと、遠隔センサ技術を組み合わせて行われます:Angelo Investments Group社が開発したブラックシェイプ、カーボンファイバーエアクラフトを使用した空中LIDARと、検測車両とハイレール軌道記録車両を使用した移動地上検測。 空中LIDARが搭載しているハイスピードスキャナいレーザーは全ての鉄道資産(軌道軌間、クロスレベル、トーナウト、信号、建物)をマッピングしながら、高密度の標高データを集積します。ハイレール軌道記録車両では重要なパラメータ(軌道、クロスレベル、ねじれ、)すべてを取得しながら、鉄道インフラの状態をチェックしていきます。軌道のセンターラインは、データ処理の正確な見直しを行うために取得されます


データ処理

ひとつの包括的なデータセットは、空中調査と地上調査のデータを組み合わせて作られています。この二つのデータは初めに、二層式の処理が統合データで行われ、その後目的のデータの抽出が行われます。データ収集の速度、ポイントの密度、位置精度など、統合データの差異は高解像度の詳細データを得るために、MERMECの専門家によって標準化されます。地上コントロールポンとは、空中で取得されたデータを折るそ補正するために使用され、一方、両方のデータセット内で表示される目的のデータは地上と空中の調査を再調整するための連結ポイントとなります。


目録のセットアップ

抽出されたデータは、さらに情報が加えられ、将来のメンテナンスの計画のために利用されることになります。全ての鉄道にメタデータが追加され、情報(製造元、設置日、技術的な詳細、最後の検査、…)が完成します。取得されたデータは統合データベースに組み込まれています。その統合データベースでは、ウェブベースのコンテンツ管理システムにより、ユーザが統合データを分析をしてより良い開発をしたり、投資の判断や計画をしたりできるようになっています。 鉄道ネットワークのより完全な状態とパフォーマンスの全体像を提供するために、既知の資産、環境、計画、交通安全、および運用データをすべて組み込んだマップが開発されています。 オペレーションと安全性のデータは、特定の資産データと地理的な位置関係を容易に特定・解析できるようになっており、顧客は柔軟に投資対象を絞り込むことができます。

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業