SSC

運転サポートシステム-SSC

新世代自動車両保護システムは、車両に軌道と信号の情報を送信する際、マイクロ波技術を採用しています。

この革新的でユニークな設計により、費用対効果に優れたタイムリーな方法で、より安全な鉄道運行をご提供いたします。このシステムhあ、継続的に車両の現在速度を監視し、そうすることで、最高速度制限が順守されていることを保証します。何らかの対処画筆王な場合には、車両ブレーキシステムを強制的に発動させます。

SSCはイタリア国営鉄道により提供されており、5,000km以上の距離で採用されています。RFIが高速鉄道と主要鉄道線で提供しているのと同レベルの高い安全性とパフォーマンスをご提供いたします。

このシステムは、路傍サブシステム(SST)と車載サブシステム(SSB)から構成されています:

  • SSTは、約6GHzで動作するマイクロ波チャネルを経由して、車両に軌道および信号に関する情報を送信します。
  • SSBはこの情報を受け取り、電車が正しく駆動されているかどうかを確認するための基準としてテレグラムを使用します。チェックをして結果が否定的なものである場合、緊急ブレーキを作動させる。

提供された鉄道
メイン&局所メイン&局所
Request Brochure
詳細情報をリクエストする

路傍サブシステム

このSSC車載サブシステムのコンポーネントは、インフラ内の線路わきで通知される各信号でインストールされます。路傍サブシステムは、エンコーダーと応答機を兼ね備えています。信号の状態、電力供給のどちらもが信号機から直接行われるので、どちらも電力消費は非常に低いものとなっています。

路傍サブシステムは、信号の状態をマイクロ波軌道-車両インターフェースを通じて車両に送信します。送信時の処理能力は、毎秒33.3 Kbitで、各メッセージには32bitの巡回冗長コードが含まれており、必要とされる高レベルの整合性を保証します。SSCは、各情報ポイント(または、軌道から車両の切り替え)に適用可能な場所と共に、いくつかの速度レベルを提供します。

Interlocking LEU
  • 既存の固定回線側の信号とイントラックSSCコンポーネント(トランスポンダー)との接続
  • 信号機の表示をダイレクトに取得 
  • 信号機の表示に関連するテレグラムを選択 
Interlocking LEU
   
Transponder
  • テレグラムを変調し、マイクロ波コミュニケーションを通じて車載装置へと送信する。 
Transponder

車載サブシステム

SSC車載サブシステムは、運転者が行う作業を最小限に抑え、路線運行に最大の利益をもたらす、安全管理システムです。このシステムは、路傍から受信する信号の状況を遵守しながら、車両の運行を制御します。順守されなかった場合、ドライバーには警告が与えられ、ドライバーがそれでも従わなかった場合、最終的には、強制的にブレーキが作動します。危険を示す信号が送られた時にも、車両ブレーキが強制発動されます。SSC車載システムはまた、距離に基づくリンクを用いて、軌道から車両への移行が失敗していないかをチェックします。

European Vital Computer (EVC)
  • 自動車両保護理論の適用 
  • 車両の主機能(オドメトリーなど)とのインターフェイスとして機能 
  • 車載サブシステムのおもな機能を管理し、車載サブシステムの診断メンテナンスをサポート 
EVC
   
SSC Antenna
  • 線路際サブシステムからマイクロ波経由で送信されえるテレグラムを受信 
MMI
   
Man Machine Interface (MMI)
  • 管理と指示機能目的でドライバーと接続するLCDタッチスクリーンパネル 
MMI

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業