Eurobalise (ユーロバリース)

Eurobalise(ユーロバリース)

Eurobalise(ユーロバリース)は、車両のアンテナから電力が供給されると、インフラデータ(一基準、速度制限、線路の勾配、線路上での工事など)を事前にフォーマットされた‘テレグラムとして保管し、車両に移動権限と軌道際のデータを送信する。

この製品は、UNISIG標準 SUBSET-036 FFFIS と SUBSET-085 FFFIS に準拠しており、ERTMSおよびSCMTシステムの相互運用性と機能要件を尊重しています。
Eurobaliseは、ATPシステム(KVB、EBICAD、RSDD)での運用が可能です"

詳細情報をリクエストする

Eurobalise(ユーロバリース)

固定式バリース
固定型バリースは、車両に対して路線情報テレグラムを送信します。テレグラムには操作情報が含まれており、線路上のの車両の位置(参照点)の詳細が表示されます。固定型バリースでは、路線データテレグラムが永続的に格納されます。このデータは、必要に応じていつでも変更することができます。

切り替え可能なバリース
切り替え可能なバリーズ。信号の状態に対応するすべての信号コードとそれに関連するテレグラムは、軌道際に設置されたLineside Equipment Unit(LEU)に格納されます。信号の状態に従って、適切なテレグラムが可変データバリースに送られ、そしてそれが順番に列車に転送されます。切り替え可能なバリーズは、データ信号(テレグラム)と電源の両方を提供するLEUを使用したポイント・ツー・ポイント・ケーブルで接続されています。切替可能なバリーズは、LEUから受信したデータ信号の品質レベルをチェックし、故障の場合には、バリーズの不揮発性メモリに格納されているデフォルトのデータテレグラムを送信します。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
種類 縮小されたアップリンクbalise(バリース)
デブリスクラス SUBSET-036 FFFIS - UNISIGによるClass A
無線インターフェイス(Aインターフェイス) ユーロ仕様に準拠したSUBSET-036 FFFIS - UNISIG
アンテナ 磁気ループアンテナ
プログラミング エアギャップ経由
環境
  • 動作温度:-25~+70°C 
  • 気候条件:IS402分類によるグループ4T 
  • 機械的条件:IS402分類によるグループ4V 
  • EMC/EMI: ETSI EN 300 330、CENELEC EN50121-2、CENELEC EN50121-4 
基準への参照
  • SUBSET - 036 FFFIS - UNISIG
  • SUBSET - 085 FFFIS - UNISIG
V&V基準への参照
  • EN 50126 -鉄道分野。信頼性、アベイラビリティ、保全性、安全性の仕様と実証 
  • EN 50129 –鉄道分野。信号方式のための電子システム関連の安全性 
  • SUBSET-085 UNISIG – Eurobalise(ユーロバリーズ)FFFISのための試験仕様 
  • IS 402 RFI -鉄道分野。電子、電気機器デバイスのための型式試験 
パンフレットをリクエストする
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業