自動閉路継電

自動閉路継電(DRA)

閉路継電は、保護継電によって感知された回路ブレーカーの複数の再閉路を開始するように設計されています。本質的には、個体電子工学時限回路からのインパルスに応答して接点が作動する高負荷ステッピングスイッチの時限装置です。本質的には、個体電子工学時限回路からのインパルスに応答して接点が作動する高負荷ステッピングス

MERMEC自動閉路継電は、保護継電または残留電流装置(RCD)によって感知された回路ブレーカーの複数の再閉路を開始するように設計されています。

詳細情報をリクエストする

自動閉路継電

保護継電は、電気回路網、大気の衝動的な過電流、取り扱いがもとで摂動として一時的な事象による不要な開口からしばしば影響を受けます。ほとんどの開口動作(95%)では、保護継電の簡単なスイッチオンによってその問題は解決されます。これは、開口の原因となる事象がその間に消失してしまうからです。

再閉路装置は、システム監視のための迅速な運動制御と継電システムを通して5分以内に連続3回で保護継電のスイッチを自動的にオンにします。

このシステムは全自動で、初期有効化時にも人による操作の必要はありません。さらに、遠隔地からモータを駆動することも可能にしてRCDステータスの情報を閉じて取得するための信号を与えることもできます。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
寸法と重量 104,5 x 70,8 x 106.8 mm
入力電圧 120Vdc ÷ 170Vdcまたは127,5Vdc ÷ 165Vdc
温度範囲 -25°~70°C
一般規制
  • CEI EN 501 24
  • CEI EN 501 26
  • CEI EN 501 28
パンフレットをリクエストする
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業