寸法測定

寸法測定

高温、未加工、完成したモノブロックホイールの完成寸法照合のための自動測定ソリューション。

鉄道の労働条件は、常に新たな義務を打ち出します。速度や車軸負担の増加などの要因、互換性に関する規制が、常に挑戦を求める形状要件の要求を高めています。従来の測定技術はもはや品質管理の実践においてクラス最高のレベルを保証するのに十分ではありません。

モノブロックホイール
詳細情報をリクエストする

ホイール照合測定ステーション

生産中の高温ホイールの自動寸法照合
システムは通常、全ホイール断面、ホイール径、主要寸法、ホイール品質パラメーターを測定するために仕上げプレスの直後に取り付けられます。
ホイール照合は、生産段階で主な圧延欠陥を直接的かつ自動的に特定し、ユーザーがリアルタイムで加工パラメーターを修正することができるようにします。3次元可視化ソフトウェアは、許容範囲外の寸法、余剰のローカル化、および材料の欠如を示します。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
測定パラメーター
  • ホイール断面(2D、3D)
  • ホイール寸法
  • ホイール品質
  • ホイール温度
ホイール径測定範囲 最大1500 mm(標準ビジョンフィールド、特定の要求に応じてカスタマイズ可能)
温度範囲 最大1150 °C
パンフレットをリクエストする

ホイール照合品質ステーション

未加工および完成したモノブロックホイールの自動寸法照合
ホイール照合は、最大1400㎜のフリンジ直径で変化するモノブロックホイールの完全な寸法測定のためのレーザー三角測量技術に基づく光学非接触システムです。完成断面、すべての主要寸法、ホイールの真円度の欠落は、EN13262の要件に従って自動的に測定されます。すべてのホイール穴の主要寸法は穴照合接触測定システムを統合することによって得られます。
リアルタイムであらゆる寸法不良を特定し、ホイール照合はオペレーターがホイール到達点の決定を迅速に行えるようにします。

パンフレットをリクエストする

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angelo Investments
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angelo Investments
・・・のメンバー企業