ジオメトリとトロリー線の摩耗

ジオメトリとトロリー線の摩耗

架線のインフラが健全かどうかの検査には時間がかかります。 たったひとつの架線関連の問題でも、ネットワーク全体を何時間も停止させてしまう可能性があるのです。

パンタグラフとの相互作用が過度に硬過ぎるか軟らかすぎること、年間の温度変化、間違った架線作業の執行、およびインフラの故障は、パンタグラフとトロリー線との間で異常な接触を起こしかねず、さらなる危険につながります。

詳細情報をリクエストする

ジオメトリとトロリー線の摩耗

トロリー線のジオメトリと摩耗システムは、非接触型測定システムで、レーザースキャナーと高解像度デジタルカメラを使用しています。最高320km / hの最高速度で動作可能で、トロリー線の高さ、厚さの残余量、変位を同時に測定する非接触測定システムです。搭載しているカメラは非常に短い集積時間を誇り、かつ非常に高速にピントのボケをなくしました。路線インフラ市場でも最も正確で高性能な測定システムとなっています。1秒間に5,000回以上の測定を行うことで、メンテナンススタッフにとっては、トロリー線の寿命を算出しやすくし、トロリー線自体の安全性を高めること可能です。 カスタマイズ可能なサンプリングステップにより、電気アークによる不均一な摩耗または損傷によって引き起こされた、潜在的に危険とされる弱点の正確な位置を割り出します。 1秒間に5,000回以上の測定を行うことで、メンテナンススタッフは接触線から最大限の寿命を引き出し、ラインの安全性を高めることができます。 カスタマイズ可能なサンプリングステップにより、電気アークによる不均一な摩耗または損傷による潜在的に危険なウィークスポットの正確な位置を保証します。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 架線測定システム
技術 光学型、非接触型
パラメーター
  • ワイヤーの高さ
  • ワイヤーの変位
  • ワイヤーの摩耗
測定速度 360 km/h (224 mph)まで
パンフレットをリクエストする
システムは無人版でもご利用可能です。
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業