ポール検出

ポール検出

検査が完了し、データが収集された後、メンテナンスチームは損傷がある部位の正確な位置情報に頼って評価を出します。このポール検出システムは、このような位置情報を適切に出力します。

損傷のある箇所は、磁極の力で位置情報が確定されます。軌道に沿ったトロリー線のパーツに対する継続的なこのポール検出システムは、損傷のある箇所を正確に、しかも即時に計測する方法です。

詳細情報をリクエストする

ポール検出

このシステムは、検測車両のルーフに2つならんだユニットとして取り付けられており、情報を取得します。このユニットは、垂直上方に照射するビームを用いて、2つの距離測定をするシステムからなっており、高周波に変調されたレーザビームの光線が、物体によって反射され、その光線がレンズによって検出器に集められます。検出された信号の位相は、光の飛行時間のために放出された信号とは異なります。この位相シフトを基準に、物体までの距離を推定することができるのです。2つのユニット両方のレーザビームが同時に反射されると、システムがポールの記録を開始します。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 架線測定システム
技術 光学式、非接触式
パラメーター カンチレバー(距離および空間)
測定速度 0 ÷ 320 km/h (0 ÷ 200 mph)
パンフレットをリクエストする
システムは無人版でもご利用可能です。
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angelo Investments
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angelo Investments
・・・のメンバー企業