横方向損傷検出

横方向損傷検出システム

この検査では、縦方向の損傷検出と併せて、架線を構成するパーツとそれらのパーツに起こり得る故障を検出する役割を担います。

処理を行うアルゴリズムは、関連する損傷と、また架線のそれぞれのパーツをすべて認識します。そして、検出した損傷のリストとを自動的に作成します。

詳細情報をリクエストする

横方向損傷検出システム

高解像度デジタルカメラと高出力照明モジュールをベースにして、横方向損傷検出システムは、横断面に存在するカンチレバー、ラインハンガーおよび絶縁体の高解像度画像を取得します。そしれらのパーツ自体の変化や腐食を評価します。ポール検出システムによる両面画像処理プロセスを用いて、カンチレバー・インフラの両面画像が取得されます。検出されたそれぞれの各損傷は、軌道上の位置情報(km/mile)に自動的にプロットされます。また、取得された画像は、技術者によるさらなる評価のためにファイルに保存されます。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 架線ビジョンシステム
技術 光学式、非接触式
検出されたパラメーター
  • 主要な架線インフラ機器の変化と腐食
  • カンチレバー装置にある部品の破損または変形
  • 破損、および紛失しているパーツ
サンプリングステップ 全てのカンチレバー
視野
  • 8m(26フィート)の大きめ-軌道の中心
  • 4メートル(13フィート)-つり線の下部から計測
測定速度 0 ÷ 320 km/h (0 ÷ 200 mph)
パンフレットをリクエストする
システムは無人版でもご利用可能です。
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業