車輪の衝撃負荷

車輪衝撃負荷

毎年何千回も発生しており、世界的にも鉄道の安全性を懸念する事故のひとつとして脱線があります。

指定の路傍システムは、基準値を超えた場合に測定が可能です。報告書には、異常な運転行為、増大した脱線リスク、また車輪とレールに引き起こされる異常な不可が項目として含まれています。

詳細情報をリクエストする

車輪衝撃負荷検出器

このシステムでは、車輪の形状の異常(円周上の真円度の偏差)を記録してゆきます。よくある偏差は種類別に分けられ、定量化されます(フラットスポット、ポリゴン化、平たん化、溶接されたピックアップ、偏心)。この信号は垂直方向にあるレールに現れる測定要素とは切り離されたもので、この情報配列は車輪の外周に一致する信号からの評価装置で形成されます。この車輪の形状の周期信号は、フーリエ開発とペイントあるリズムによって評価されます。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 路傍車両測定システム
パラメーター 車輪の平たん化などの異常形状についての正確な分類と評価
測定速度 40 ÷ 200 km/h (25 ÷ 125 mph)
パンフレットをリクエストする
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業