走行中の重量

走行中の重量

車両の重量は鉄道運行のあらゆる側面に影響をおぼしています。

過積載と、積載量のシフトを測定しながら、走行中の車輪力を検出することは、非常に高い精度を用いて通常の路線速度で取得する重要なパラメーターです。

詳細情報をリクエストする

走行中の重量

基本的にこのシステムでは、通過する車両がレールに与える垂直方向の力を連続的に監視しています。このシステムは、機械の改造、またはレールの置き換えや、レールの固定、枕木(クロスタイ)、枕木のジオメトリ、パーマネントウェイプロフィール、バラスなど何も形を変えずに取り付けられている、特別設計のセンサーをベースとしています。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 路傍車両測定システム
パラメーター
  • 車輪への荷重
  • 軸への荷重
  • 車両質量
  • 列車質量
  • 車輪荷重の差(左右)
  • 車両荷重の差(フロント、リア)
測定速度 5 ÷ 300 Km/h (3 ÷ 186 mph)
パンフレットをリクエストする
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angelo Investments
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angelo Investments
・・・のメンバー企業