内部レール深傷

内部レール深傷

レールの高速検測は、軌道の占有を避けるために需要が高まっています。実際の技術限界を超越した高速非接触型のテクノロジーとの統合が必要とされています。

ビジョンシステム何でもできるというわけではありません。 損傷はしらぬ間に進行し、またレールの中に発生します。 最先端の超音波技術を使用してこれらの内部深傷のみのインフラの評価を行うことが可能です。

詳細情報をリクエストする

超音波検測

レール深傷検測システムは、検測車両に取り付けられたブギーに接続された構造がベースとなっています。機械的インターフェースはトランスデューサホルダーを全て搭載しています。 この機械的モジュールは、トランスデューサをレールに接触させており、適切なカップリングがなされているかを確かめるパラメータとともに、トランスデューサを提供しています。軌道のルートを追跡する間この接触状態を維持することがこの機械設計において重要で、これにより、システムは最大100Km / hの速度で軌道の検測を行うことができます。(軌道表面・状況に左右されます)。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 軌道検測
技術 超音波、ウォーターカップリングとの接触
パラメーター レール内部欠陥はUIC712とFRA213に準拠
  • 水平亀裂
  • 進行性横断性亀裂
  • 摩耗探知
  • 垂直方向亀裂
  • 星割れ
  • シェリング
  • きしみ割れ
  • 腐食
  • 破端
取り付け ブギー下部フレームに取り付け
最高速度 最大100 km/h (60 mph)
認証 超音波深傷探知システム
パンフレットをリクエストする
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angelo Investments
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angelo Investments
・・・のメンバー企業