待避線と踏切

待避線と踏切

スイッチと踏切(S&C)は、可動式パーツを伴う半永久的なたったひとつのの装置です。また、S&Cは反復性があり強い馬力と振動を兼ね備えています。スイッチ部分の適切なケアと修復が我々にもたらしてくれる利益は計り知れません。最新式自動光学システムはスイッチの形状及び、設計建築に用いられた寸法を三次元で正確に測定します。この測定は高速で行われ、限られた時間で測定が完了できるようになっています。

詳細情報をリクエストする

待避線と踏切の点検

コンパクトで軽量な非接触型測定システムにより、スイッチ軌道ジオメトリ、ギャップ、プロファイルなどの情報について、さまざまな操作条件下でも、正確な評価が可能です。 このシステムは、高精度慣性計測ユニット、光学ボックス、リニアカメラを内蔵しており、0 km / hから240 km / h(150 mph)の速度で走行しながら、待避線および踏切の重要な全部分の測定と検査を行うことを可能にしました。 内臓されているリニアカメラにより、操作者はスイッチ部分の高解像度画像を見ながら分析することができます。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 軌道測定システム
技術 光学式、非接触式
パラメーター
  • 軌道軌間
  • 水準/カント
  • ねじれ
  • 直線および高低差D1、D2、D3、もしくは、正矢法
  • 利用可能な追加のオプションパラメーター
  • スイッチギャップ
  • レール、轍叉の高さ、ギャップの点検
  • 全スイッチ部分のレールの摩耗推定
  • スイッチ検査(レール、バラス、枕木、留め具、信号装置)レールとカエルの高さと隙間を調べるすべてのスイッチ領域レールの摩耗推定スイッチ検査(レール、バラスト、枕木、留め具、信号装置)
測定速度 0 ÷ 240 km/h (0 ÷ 150 mph)
国際規格 EN-13848-1, EN-13848-2, FRA規定
パンフレットをリクエストする
システムは無人版でもご利用可能です。
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angelo Investments
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angelo Investments
・・・のメンバー企業