レール波状摩耗

レール波状摩耗

これらの損傷は、車輪へと広がり、次にそれが下部インフラストラクチャ全体へと広がり、深刻な悪循環を引き起こす可能性があります。波形によって引き起こされる車輪とレールとの間の増加した動的相互作用力は、締結、枕木およびバラスの劣化を引き起こし、それにより線路および車両パーツの寿命を短かくしてしまいます。

4つの重要な波長帯域にわたって波形を評価する、高精度のレーザーを基盤にした測定システム。コンパクトで高性能なレーザー技術と高精度カメラセンサーで、、どのような作業速度においても、縦方向にある表面上の損傷を正確に予測することができます。

詳細情報をリクエストする

正矢法ベース

MERMECレール波状摩耗システム(RCS)は、短波(10〜30mm)から長波(1000〜3000mm)までのレールの波状摩耗を検出して測定します。このシステムは正矢伝達機能を介して、レーザーやカメラを用いて記録されたレール表面の状態の光学的測定値を使用します。
サンプリングの段階は最大5mm、走行速度が0〜160km/hの条件下であれば、車両が両方向に走行する場合でも、あらゆる天候・光条件で走行する場合にも測定が可能です。各システムは、すべての波長の取得、保存、およびダイアグラムの可視化を含む、リアルタイムのデータ分析と後処理分析を行います。この後処理により、各波長の標準偏差などの高度な演算が可能です。数マイクロメートルの精度で削正加工を検証をするために、削正設定で、自由に設定をすることが可能です。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 軌道測定システム
技術 光学式、非接触式
パラメーター 長手方向輪郭:
  • 超短波&短波
  • 中波
  • 長波
速度点検 0 ÷ 200 km/h (0 ÷ 124 mph)
国際基準 EN13231-3
認証
  • 衝撃と振動(IEC 61373)
  • EMC(EN 50121-3-2)
  • 気候試験(EN 60529)
パンフレットをリクエストする
システムは無人版でもご利用可能です。
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

慣性ベース

このシステムは、レール表面の状態を慣性法で測定し、そのコンディションを検出し、識別するためにレール表お延ンお変位を測定します。
車両が両方向に走行する場合、またあらゆる天候下で走行する場合にも最大320km / hの走行速度で測定が可能です。各システムでは、リアルタイムのデータ分析と後処理分析も可能となっています。リアルタイム機能には、すべての波型波長におけるデータの取得、保存、およびダイアグラムの可視化があります。後処理により、記録されたデータの可視化、また各波長の標準偏差の計算が可能になります。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 軌道検測システム
技術 光学式、非接触式
パラメーター Longitudinal Profile in:
  • 短波
  • 中波
  • 長波
測定速度 0 ÷ 320 km/h (0 ÷ 200 mph)
認証
  • 衝撃と振動(IEC 61373)
  • EMC(EN 50121-3-2)
  • 気候試験(EN 60529)
パンフレットをリクエストする
システムは無人版でもご利用可能です。
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

TecnoLine-ポータブルシステム

TecnoLineは小さくて使いやすい、レール波型摩耗測定システムです。その測定原理は、非常に高精度なセンサーである渦電流トランスデューサを介したレール頭部の変位測定に基づいています。PDAインターフェイスシステムでは、データの格納、転送、分析を簡単に行うことができます。

技術仕様 
製品群 軌道検測システム
技術 過電流トランデューサー
パラメーター Longitudinal Profile in:
  • 超短波&短波
  • 中波
  • 長波
測定速度 マニュアル操作装置
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angelo Investments
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angelo Investments
・・・のメンバー企業