縦方向損傷検出

縦方向損傷検出

この特定の検査は、横方向損傷検出と共に、架線を構成するパーツと、それらのパーツに起こりうる故障を検出する役割を担っています。

架線の安全を確保するために、パーツとパラメーターを1セットにして抽出する必要があります。

詳細情報をリクエストする

縦方向損傷検出システム

縦方向損傷検出システムは、架線およびトロリー線、ドロッパー、固定点、および絶縁体など、トラックの縦軸に沿って垂直面内にあるインフラ装置を検査します。 インフラ装置で、変更された箇所を認識します。 この分析は、測定データの相互相関のための架線形状測定システムからのデータを考慮に入れて行うことも可能となっています。 高性能なスマートビジョンアルゴリズムを用いて、関連するパラメータを抽出し、損傷にかかわるレポートを作成します。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 架線ビジョンシステム
技術 光学式、非接触式
パラメーター 検出:
  • 主要な架線インフラ機器の変化と腐食
  • 破損したおよび/または膨張したドロッパー
  • ドロッパーの傾斜
  • 絶縁体の破損及び紛失
トロリー線、メッセンジャー、給電線の検査
  • ワイヤーとロープの腐食。
視野 大型8m(26フィート)-トラックを中心に
5m(16.4フィート)-車両のルーフから計測
測定速度 0÷320 km / h(0÷200 mph)
パンフレットをリクエストする
システムは無人版でもご利用可能です。
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業