車両のプロファイル

車両のプロファイル

車両になんらかの損傷・故障があった場合には、即時に車両を停止させる必要があります。そのため、トンネルに入る前に、車両に異常がない状態を保つことが必要とされているのです。

車両からなにかが飛び出したり、突き出したりすると、乗客にとっても車両のインフラにとっても、非常に危険です。高いサンプリング率をもつレーザー技術は、検出アルゴリズムを混乱させてしまいます。このゲージ干渉検出では従来の動画監視技術によるもので、車両全体のデジタル画像シーケンスを取得することが可能となっています。

詳細情報をリクエストする

3Dスキャン

車両の3D情報は、高解像度カメラ搭載のレーザー三角測量を用いながら、取得されます。また、車両形状のプロファイルデータ取得の際の車両速度は最大300Km/hとなっています。収集されたデータは、UIC505より定められた基準値と実際の集積データを比較できる専用のアルゴリズムを用いて処理されます。そして、認可値を超えるような車両の形状異常を識別します。

技術仕様 パンフレットをリクエストする
製品群 路傍車両計測システム
測定原理 3Dプロファイル測定:光三角測量
測定速度 0 ÷ 330 km/h (0 ÷ 205 mph)
パンフレットをリクエストする
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

車両ゲージ

このシステムは、鉄道線上においていかなる測定速度であっても、車両の通過時に車両ゲージを測定することができるシステムです。レーザーとカメラを用いて、ゲージの異常を監視し、レポートやグラフィカルユーザーインターフェイス上で損傷・異常を可視化させます。このシステムは、単線・複線の両方の検査に使用できます。

技術仕様 
製品群 路傍車両計測システム
測定原理 3Dプロファイル測定:光学三角測量
測定速度 0 ÷ 330 km/h (0 ÷ 205 mph)
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業