踏切障害検出システム

踏切障害検出

踏切障害検出システムは、車両事故を防ぐため、踏切にある障害物の検出を自動で行います。

Level Crossing Obstacle Detection System

LODと名付けられた、踏切障害検出システムは、踏切が閉じられた後、すぐに踏切区域をスキャンし、事故を引き起こす可能性のある障害物がないかどうかを検出します。信号が問題なく、車両が踏切を安全に通過できる場合のみ、その区域は解放されます。

詳細情報をリクエストする

踏切障害検出システム

このシステムでは、踏切のサイズに応じて、ひとつ、ないし複数の検知器を用いて検出が行われ、飛行時間の原理に応じた赤外線レーザー技術をベースにしています。路傍制御器は、検知器が集めた情報を取得し、ハイレベルの基準値をベースにしてアラームを作り出します(最小障害物の範疇)。この制御器は、安全なインターフェースを通じた、インターロックシステムと通信することがかのうで、完全なバリアを搭載した、従来の踏切保護システムを搭載するLODとの統合が可能です。
 LODは高い信頼性(SIL-4アーキテクチャ)と高い精度によって、雨、雪、霧などの過酷な気象条件であっても問題なく動作し、今日の鉄道インフラ業界で最も優れた製品のひとつとなっています。LODの設置の容易さ、柔軟な構成、既存の信号システムとのスムーズな統合のおかげで、ヨーロッパの鉄道では現愛いくつかの試験運転が行われてます。
本システムは、あらゆる踏切との互換性を向上させるためのエリア形態への適応と、導入の容易さに焦点を当てて開発されました。同時に、ほかの技術機器と比較しても、検知器が最小限に抑えられ、安全面の設計に関してはSIL4基準がベースとなっており、最高水準のリスク軽減が可能となっています。

製品の強みと利益

  • エリアの携帯への適応性と簡単なインストール
  • 他の技術的ソリューションと比較して、ひとつの導入に対するセンシングユニットの数が最小限に減少しています。例:マイクロウェーブモニタリングシステム
  • レベル交差のジオメトリ用の簡単な構成
  • 雨、雪、霧などの厳しい気象条件下での性能の信頼性
  • SLI3原則に基づく複合安全装置
  • レベル交差防止システムとの統合、インターロックシステムとの通信(無電圧接点、無電圧接点出力、24V DCバイタル出力からの入力)
  • エリアの状況のビジュアルチェックのために、閉回路テレビシステム(任意)
パンフレットをリクエストする
提供された鉄道
大量輸送大量輸送
高速高速
メイン&局所メイン&局所
重荷重重荷重

鉄鉱産業
・・・のメンバー企業 Angel
をフォローする
     
MERMEC
© 2017 MER MEC JAPAN G.K.プライバシー  -  Cookie  -  クレジット  -  Webmail
Angel
・・・のメンバー企業